×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

HOME»  日本酒»  日本酒 『AKABU (アカブ)純米酒 1800ml』【赤武酒造】

日本酒 『AKABU (アカブ)純米酒 1800ml』【赤武酒造】

 
岩手から情熱と根性と、、愛情で醸す酒AKBU

 
akabu00.jpg

日本酒 『AKABU (アカブ)純米酒 1800ml 』【赤武酒造】

[商品説明]

■都道府県:岩手県赤武酒造
■原料:米 米麹 岩手県産米
■日本酒度:+1 
■酵母:ゆうこの想い 
■酸度:1.6
■精米歩合:60%
■アルコール度:17.5度  
■容量:1800ml


s4683.jpg s4684.jpg


 岩手県大槌町に浜娘という日本酒を醸す日本酒蔵がありました。
三陸地方のリアス式海岸に囲まれた海の町です。
 3.11…そう、あの地震と津波の前まではそこで醸されていました。


image[6].jpg

全てを失いすべてのしがらみから抜け出し盛岡の地で生まれました。

akabu02-1.jpgakabu06.jpg


岩手県の盛岡市南部に田園と市街地に囲まれ北西から岩手県を一望
出来るロケーション。
 スローな空気の中に赤武酒造があります。


akabu04.jpgakabu05.jpg

2014年12月、そこに22歳の最年少杜氏、古舘龍之介氏が醸す「AKABU」ば生まれました。

akabu16.jpg akbu34.jpg


 東京農大醸造学科を卒業。在学中は利き酒の世界チャンピオンにも輝き、とことん「酒」にのめりこみ微生物の世界に飛び込んだ。

そしてここ赤武酒造には宝物のような「人」がいます。

谷藤 平 …情熱と妥協を許さない完璧職人
谷藤かおり…愛情と気配りでモロミを管理する酛長
菊池勇良 …赤武酒造きっての芸術家 ラベルも彼の作品
井上麻惟 …アクティブになんでもこなす根性の女性

最年少杜氏「古舘龍之介」は2011年3月11日の東日本大震災をきっかけに生まれました。
 津波ですべてを失った実家、大槌の赤武酒造が一度は諦めた酒造りを再開。 
大学生の龍之介は必死に勉強し目に見えない微生物をどの様にコントロールするかを、、。 そう赤武酒造を継ぐために、、。


2014年12月、志を持つ仲間と共に情熱と根性と愛情で醸され

 「AKABU アカブ」 がこの世に生まれました。

岩手県を代表する酒。  日本を代表する酒。 

情熱と根性と愛情の日本酒をどうぞ!飲んでください。。


akabu25.jpg



2011年 新蔵建設に向け古舘秀峰社長と想いを同じくする社員で
      「清酒 浜娘」酒造り開始。
2013年 念願の新蔵完成

 ワイングラスでおいしい日本酒アワード2014 金賞

 スローフードジャパン燗酒コンテスト  2014 金賞

2014年10月 「日本酒 赤武」 製造開始

 香りと味わいを重視して丁寧に醸されます。

日本酒の申し子 6代目 古舘龍之介 誕生。





ーーー私の感想ーーー

米の香り・旨味・円み、官能的です、、。

美味しい♪ 素直にそう思います。

スッと切れる酸が食中酒としてのポテンシャル

の高さを感じます。



 当店では、インターネットで日本酒、焼酎を販売しておりますが、本来対面販売を主とし私たちの酒に対する考えや方向性を解って頂いた上で、ご案内させて頂きたいと思います。

+ + + この商品説明は オークションプレートメーカー2 で作成しました  + + +
 

NEW

  • 日本酒 『AKABU (アカブ)純米酒 1800ml』【赤武酒造】

  • JANコード

    4958195409862

  • 販売価格

    2,966円(税込)

  • 在庫

    11本

  • 購入数

カートに入れる(大)

  • akabu08.jpgakabu09.jpg akabu10.jpg
  • akabu11.jpgakabu12.jpgakabu18.jpg

関連商品