×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

※ご注文頂いた商品の梱包のサイズによっては送料が減額されることもございます。
HOME»  リキュール»  紀州シリーズ♪ 梅酒  『赤い 紫蘇梅酒』

紀州シリーズ♪ 梅酒  『赤い 紫蘇梅酒』

 


 

梅酒  『赤い 紫蘇梅酒』

[商品説明]

■原料 :青梅、砂糖、醸造用アルコール、しそエキス
■アルコール度:12%
■容量 :1800ml

         u233.jpg              u234.jpg
 紀州和歌山産の南高梅を100%原料にした梅酒に和歌山の特産品である紫蘇の葉を使用した健康梅酒です。

 鮮やかなルビー色は「赤しそ」の天然色素によるもので、見た目に楽しく、また紫蘇の有する成分も豊富なため健康志向の方にもピッタリです。

 梅酒のもつ十分な甘みと酸味の後に、赤紫蘇の爽やかな風味が感じられます。

アルコールが少し低く甘みの中にもさっぱりした味わいで、大変飲みやすく柔らかな味わいです。



じっくり時間をかけて抽出させると、甘味と酸味のバランスがしっかりとした梅酒が出来上がります。

さらに赤紫蘇を使って熟成させると赤い梅酒が出来上がります。

■ しそ[紫蘇]について。

シソ「学名:Perilla frutescens(通称: ペリーラ)」には、青シソと赤シソがあり、この梅酒には赤シソを使っています。

「しそ」は中国、三国時代に一人の少年が蟹(カニ)をむさぼるように食べていました。

それを通りかかった名高い医者が、きっと少年は食中毒を起こすと思い、家の人に「しその葉」を渡しました。 

 案の定、その夜、少年は中毒を起こしひん死の状態になりましたが、旅の医者からもらった、「しその葉」を煎じて飲ませたところ蘇(よみがえ)ったとの事から[紫蘇](しそ)と呼ばれます。



■紀州産南高梅100%

紀伊水道に流れ込む黒潮の影響を受け、1年を通じて気温の変化が少なく温暖な気候に恵まれた南高梅の産地紀伊半島南部。

この地は降水量も多く、年間の晴天日数が200日を超え、日照時間も長いことから、温暖な気候を好む梅の栽培に大変適しています。


またこの地は、炭酸カルシウムを含んだ中性質の土壌で、良質な梅の栽培に適しています。


 こうした好条件の中からさらに厳選された良質の南高梅を原料として梅酒は出来上がります。南高梅の花は2月上旬から下旬に咲きます。

果実として収穫されるのは5月下旬からで、大粒で平均25gー35g。

皮が柔らかく、果肉が厚く梅としては最高級品です。

色は緑色ですが、完熟に近づくにつれ黄色味を増し、日光の当たる所は、鮮やかな紅色に変わります。



 当店では、インターネットで日本酒、焼酎を販売しておりますが、本来対面販売を主とし私たちの酒に対する考えや方向性を解って頂いた上で、ご案内させて頂きたいと思います。  

+ + + この商品説明は オークションプレートメーカー2 で作成しました  + + +
 

  • 紀州シリーズ♪ 梅酒  『赤い 紫蘇梅酒』

  • 販売価格

    2,178円(税込)

  • 在庫

    10本

  • 購入数

カートに入れる(大)

  • u234.jpg

関連商品